商品情報にスキップ
1 7

Jasmine ジャスミンオーディオ
"TIGER" MCカートリッジ
B&W 陶磁器シリーズ

商品コード:

Jasmine ジャスミンオーディオ "TIGER" MCカートリッジ B&W 陶磁器シリーズ

通常価格 ¥279,800 円
通常価格 セール価格 ¥279,800 円
当店特別価格 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
詳細を表示する
※輸入お取寄せ品になります。1/13~1/28までが中国の旧正月休みになるため、発送日目安はひと月前後になります。メーカー在庫が切れている場合や輸送状況によりはお時間がかかる場合がございます。

伝統とテクノロジーによる新しいアナログの世界

グルーブの音を正確に拾い劣化させない

Description 

カートリッジ本体に青白磁を選んだのは、中国文化と音という観点からです。中国にある数多の磁器から厳選した10種類以上の磁器の音質テストし、比較・検討の結果、最終的に密度がアルミに近く音が最高だった青白磁を選びました。

「龍」「鳥」「虎」「亀」は、それぞれ「守護」「幸運」「力」「長寿」を表します。カートリッジはすべて、経験豊富なエンジニアによる手作業で組み立てられています。

カートリッジの性能は、主に以下のような複合的な要素に左右されます。

1. トラッキング時に発生する共振の処理

スタイラス・トラッキングで発生した共振が減衰を実現できなかったり、吸収できなかったりすると、カンチレバーを介してスタイラスに跳ね返り、通常のスタイラスの動きに干渉してしまい、音質劣化の原因となります。そこで、カートリッジの性能に応じた価格を設定し、それに見合った防振効果を得るために、各カートリッジを設計し、適切な素材や設計を選択することにしています。そのため、高価なカートリッジほど、本体や構造部品の素材による共振の影響を排除する性能が高くなります。

2. サスペンションの張力と減衰剛性の選択

カンチレバーの材質が異なれば、サスペンションの張力やダンピングガスケットも異なるため、最適な動的応答を得るための調整が必要です。また、スタイラスの共振周波数を決定するための重要な指標でもあります。もちろん最終的な目標は、スタイラスを適切な針圧にすることで、グルーブ信号を素早く正確にピックアップし、20Hz~20KHzのオーディオ周波数帯域で共振を起こさないようにすることです。

3. カンチレバーの長さ選定

カンチレバーの長さは、共振周波数や応答速度にも影響します。

4. コイル巻数、コイル材質の選定

カートリッジの内部抵抗、インダクタンス値、出力レベルなどに関係します。

5. 磁石の選定と磁気回路設計

磁石の種類によって磁束が異なり、少ない巻数のコイルで高い磁束の磁石を使用することができます。逆に、コイルの巻数を多くする必要があります。

6. スタイラスチップ構造の選択

スタイラスの先端の構造が異なると、レコード盤の溝との接触面が異なり、音の解像度に影響が出ます。チップの構造が良ければ良いほど、より詳細なサウンドを得ることができます。円錐形<楕円形<ラインコンタクト<スーパーライン<マイクロリッジの順です。

つまり、私たちのカートリッジは、価格・性能・機能を総合的に判断し、上記の6つの観点から選択し、組み合わせて作られているのです。

サファイアカンチレバーとシバタ・ネイチャーダイヤモンドスタイラス

"TIGER" MCカートリッジは、日本製シバタ針とサファイアカンチレバーを採用し、より正確にレコード信号を復元することができます。自然界のダイヤモンドは、より高い硬度とより長い耐用年数を有しています。

革新的な共振抑制構造&カンチレバーサスペンション構造

"TIGER"は、クリーンでディテールにこだわったサウンドパフォーマンスを実現します。

青白磁のボディ、東洋の音楽性

青と白の磁器は、明るい中国の文化的特徴を導入し、目と耳に楽しい、それはオーディオビジュアルの完璧な組み合わせです。

Spec
タイプ MC ステレオ
ボディ 青白磁
スタイラス シバタ3型、ネイチャーダイヤモンド
カンチレバー サファイヤ
高さ 17mm
自重 14.1g
内部インピーダンス(DC抵抗)
出力レベル 0.28mv, 1 KHz@ 5cm/sec
周波数特性 20-20KHZ +/-1dB
チャンネルセパレーション > 29dB@1KHz
チャンネルバランス > 0.5dB
推奨負荷 >= 50Ω
最適針圧 1.7 - 2.5g
最適トラッキング角度 20 degree
コンプライアンス 16μm/mN
Review

 ジャスミンのMCカートリッジ、B&W Porcelainシリーズで同社のハイエンドシリーズだ。今回購入したのはカンチレバーにサファイアを使いスタイラスにシバタ針を使った白虎。このシリーズは四神に因み、青龍、白虎、朱雀、玄武の4モデルがあり、青龍がボロン、白虎がサファイア、朱雀がアルミニウム、玄武がアルミニウムパイプのカンチレバーになっている。ボディは瀬戸物で中に裸の振動系が入っている。非常に整った、引き締まったサウンドだ。Porcelainシリーズは形から推測できるように、相当拘りを持って攻め込んだ設計で、サウンドも凄みを感じる。*Bakoon Products 永井氏 Facebook抜粋

同社のターンテーブルと、ダイナミックバランストーンアーム、の組み合わせで試聴をすると、非常に緻密でタイトなサウンドになります。一般のアナログのイメージの柔らかい音ではなく、キチンと調整しないと歪っぽい音になります。このサウンドを試聴に来られたお客様に聴いていただくと、一様に、今までのアナログレコードに対する概念が変わってしまったとおっしゃいます。それほどの威力をこのカートリッジは持っていますが、適切なアームとターンテーブル、そして、その真価は発揮させるための正確な調整が欠かせません。*Bakoon Products 永井氏

 それじゃ、カートリッジを変えてみましょうか、、
とナガイさんが、DL-103から、ジャスミンの高級カートリッジ陶磁器シリーズに交換、、、

針圧など調整して、さて、聞いてみましょう、、
おお! これは、もう全く別物! 陶磁器カートリッジでアダプタ付きSATRI平面スピーカーから出てくる音は、いやあもう、こんなアナログ音聞いたことがないと感じるほどの鮮烈さ! 音がもう活き活きとして、ぴちぷち跳ねて、、

う~んとかうなっているうちに、そろそろ帰らなくちゃいけない時間、、
最後に、大昔のクラシック盤を聞かせてもらます。 
これなんか、50年代の録音なんですが、、もうなんとも新鮮な音、、とても60年以上も前の音とは思えないほど活き活きと音がよみがえります。もう、これはタイムマシーンですねえ、、西野和馬さんのオーディオ西方浄土でパート2