商品情報にスキップ
1 5

Fidelix
ダイレクトカップルカートリッジ MC-F1000

商品コード: fidelix-mc-f1000

Fidelix ダイレクトカップルカートリッジ MC-F1000

通常価格 ¥440,000 円
通常価格 セール価格 ¥440,000 円
当店特別価格 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
詳細を表示する
受注生産品になります。発送日目安は2~4週間後になります。
*メーカー受注状況により納期が前後する場合がございます。

ダイレクトカップルによるストレスのない軽やかで爽やかな高域

Description

MC-F1000の基本構造は、JVCのMC-L1000に似ていて、カンチレバーを通る前の針の動きをダイレクトに変換する方式です。針先で音を拾うメリットは、とにかく情報量が多くて細やかなニュアンスがたっぷりな所です。

コイルの有効直径を0.8mmと極小。

黒い線の間隔が1mmで、カンチレバーの直径が0.6mmです。

マグネクリーン構造で、別な強力マグネットで磁性ゴミを吸着するという考えです。すでに試作段階でもここに少量の磁性ゴミが付着しており、この分が内部に入るのを妨げたことになります。コイルは17μ線の4ターンが3層で計12ターンで、インピーダンスは6Ωです。

ホームベース状のコイルなので針圧変化による出力変化は少ないです。結果、反りや揺れに対しても安定度は高まります。また、コイルのセンターには穴が空いていて、とても軽くなってます。スタイラスとカンチレバーとコイルは写真の様に密接に結合するので、真にダイレクトカップリングです。コイルの前後揺れ共振は、小さいために全く問題にはなりません。ダイレクトカップリング方式なのでカンチレバーにはアルミを使う事で正確な角度を出し易くしました。

MC-F1000はカンチレバーを通らない方式で、アルミパイプに小さめの穴を開け、圧入という方法でダイヤ針を入れるので精度の高い強固な結合になります。 ダイレクトカップルと軽量化によって、何らストレスのない実に軽やかで爽やかな高域がすんなりと出ました。バイオリンやソプラノや女性ボーカルは特に美しく、テレサテンの思い詰めた恋心などは心に刺さります。

ボディは、硬くて錆びにくいアルミを採用しております。直径2.6mmの止めるネジはタップ無しとタップネジの両方を用意、いろんな使い方ができます。できるだけ強固にカンチレバーアッセンブリーを支えられるよう継ぎ目のない一体構造です。カバーも同じ材料で作っていますが、こちらはグレーのアノダイズ(アルマイト)仕上げになっています。強固なボディ設計は低音楽器の明瞭度と力感に寄与しています。

Spec
形式 ダイレクトカップルによるMCカートリッジ
針圧 1.3gから1.6g(あくまでも推奨範囲)
周波数特性 8Hz-45kHz
出力電圧 0.18mV 5cm/sec 1kHzラテラル
インピーダンス
負荷インピーダンス 10Ω以上、できればG(ギガ)Ω台
有効コイル直径 0.8mm (17μ線による4ターンが3層で12ターン)
重量 8.4g
針先の高さ 17mm
取り付けネジ タップなしとタップ有りの2種類
磁性ゴミ対策 マグネクリーン方式でブロック
付属品 針カバー、ヘッドシェルMITCHAKU、スタイラスクリーナーSASUPA

 

Review

凄まじい情報量とエネルギー感に驚愕

フォノイコライザーアンプに入力換算ノイズが− 156dbVと低く、入力インピーダンスが1GΩと高いフィデックスLEGGIEROを使用したが、番に針を落とした瞬間に、これまで体験したことのない超迫真サウンドに驚愕した。 超高解像度の音の鮮度が非常に高く、凄まじい瞬発力なのだ。 過渡的な情報量が多いので、スティックがシンバルに当たって弾ける様子、弾いた直後に振幅や音色が急速に変化するピアノやギター、歌手の声質変化や息遣いなど、一瞬一瞬の音の変化が、まるでスローモーション映像を見ているようにつぶさにわかる。 しかもベース弦を弾いた瞬間やキックドラムのビーターがスキンに当たった瞬間に発生する強烈なエネルギーが見事に再現され、怒涛の迫力に圧倒された。 癖を全く感じないので、どんな音楽ジャンルにも向いている。なお、出力電圧が0.18mVと低いので、本気の本領を発揮させるには超ローノイズのフォノイコライザーアンプが必要だ。

滑らかで情報量が格別に豊富

フェデリックスではアナログ関連機器を開発販売し、愛好家から高い評価を受けている。その同社が長年研究開発を行ってきた。ダイレクトカップル型、空心MCカートリッジをついに完成させたのだ。その音質を鉄芯MCと比較するなら、アナログテープ再生のような滑らかさを鮮明にしていることが大きな特徴で、音の透明度は極めて高い。 この発電方式により録音場所の空気感も忠実に再生し、情報量が格別に豊富であることも実感できた。 特にノイズに埋まれそうな微弱音の再現性が高く、この微弱音が楽器や声の倍増にも加味されるようで、倍音がいっそう豊かに再生される。 また鉄芯MCと比較すると、音の立ち上がりに強調感がなく、自然な音の立ち上がりを感じる。 なお、この方式では低域が控えめになる傾向があるが、低域の量感にも満足した。フォノイコライザーには、同社LEGGIEROを使用したが、ゲイン不足もなく、音色としてはやや暖色系で音の立ち上がりが俊敏であることも確認できた。

* MJ無線と実験