商品情報にスキップ
1 1

エミッションラボ EML AD1M
メッシュプレート・ヒーター電流
1.5Aタイプ マッチドペア

商品コード:

エミッションラボ EML AD1M メッシュプレート・ヒーター電流 1.5Aタイプ マッチドペア

通常価格 ¥155,000 円
通常価格 セール価格 ¥155,000 円
当店特別価格 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
ソケットタイプ
詳細を表示する
お取り寄せ商品になります。発送は3週間程度になります。在庫状況により日数が掛かる場合もございます。

Telefunken AD1とほぼ同規格

AD1 はヨーロッパの DHT 三極管のハイライト

Description

AD1/350は、Telefunkenテレフンケンが指定するAD1の高品質バージョンであり、従来の250Vの動作点で、350Vまで動作させることもできます。このより高い動作点によって、追加の出力電力が得られますが、損失は増加しません。ただし、歴史的なバージョンでは、高い動作点では管が予期せずグリッド電流を発生する可能性があります。EML AD1/350は、どの動作点でもグリッド電流から完全に解放されており、安定した性能を提供します。

最高の安定性のために硬質金属フレームに取り付けられた灰色のワイヤーメッシュ陽極

電気的には同一ではありませんが、4 ボルトのヒーター電圧が利用可能であれば、既存の 2A3 回路図を使用できます。

AD1のサウンドキャラクター

4ボルトの高いヒーター電圧も、別の音の原因です。この効果は、直接加熱されたチューブの場合にのみ当てはまります。AD1管は2A3管よりも支配的ではなく、シルキーに聞こえます。1930年代から 1940年代までのすべての 4ボルト DHTは、れまでに達成された 2.5 ボルト真空管よりもはるかに高いコレクター価値を持っていると言えます。

AD1用チューブソケット

オリジナルの P8 「サイド コンタクト」ソケットは Philips が開発したものです。このソケットには興味深い特性があり、真空管を自動的にソケットの中に引き込みます。これをうまく機能させるには、チューブ ベースの寸法、ソケットの寸法、およびソケット スプリングの形状が正確でなければなりません。近年製造された他社P8ソケットはあまり理想的ではなく、形状が悪い可能性があることに注意する必要があります。EMLでは、AD1 を製造するために、1930年代のビンテージ チューブベースを使用しています。

Feature
  • 最高の安定性のために硬質金属フレームに取り付けられた灰色のワイヤーメッシュアノード。
  • 金のプレート、Wolfram Grid。
  • ソフトラバーサスペンデッドチューブベース
  • カソードタップフィラメント
  • 最高の寿命を実現するスロースタートフィラメント
  • アノード電圧最大350V
  • 最大アノード散逸で連続使用可能
  • 超硬合金構造。Philips と Tungsram の歴史的なAD1 真空管は、最初の 500 時間の使用後にグリッド電流やガスの問題が発生することがよくあります。それに対して、EML 真空管は真空管バイアスの安定性に優れており、グリッド電流は 1uA をはるかに下回ります。
  • 本物の金(金属)を使用したチューブ印刷、赤色はガラスに焼き付けられたガラスです。

EML AD1 フィラメント定格

フィラメント電圧 4V (AC または DC)
フィラメント電圧の許容値 +5% / -2.5%
フィラメント電流 1.5 Am
最大待機時間(ヒーター電圧のみ) 2時間

 

EML AD1最大条件(同時不可)

アノード電圧 350V
アノード電流 60mA
アノード消費固定バイアス (継続的に) 15W
アノード散逸 オートバイアス(連続) 18W
最大限のグリッド/グランド抵抗、シングルエンド:自動バイアス 500kΩ
最大限のグリッド/グランド抵抗、シングルエンド:固定バイアス 50kΩ