FAL FLAT C60平面スピーカードライバーユニットの改良

FAL FLAT C60平面スピーカードライバーユニットの改良

フラット・スピーカーのFALファルは、FLAT C60の振動板及びヨークを改良いたしました。
この改良のポイントは、ボイスコイルボビンの中間部に補強桟を入れることにより、中高域の共振を無くし、かつ、耐入力の向上が図られたことにつきます。

FAL C60背面.JPG

同社が最上位ユニットであるFLAT C90の開発にあたり、ボイスコイルボビン中間部にアルミパイプの補強を入れることにより、電磁気力に起因する、横方向の応力に抗する強度をもたせることにより、共振を低減し、大入力及び特定の音源再生時のビビリ音を解消した技術をC60に応用したもので有ります。
現在のC90はボイスコイルボビン中間部の補強をアルミパイプで無く、より軽量なノーメックスペーパー(ポリアミド樹脂)による補強桟に替え、より高音質となっています。
C60は、この度の改良により、音質的にも、より音場が広く深く豊かになりました。
マルチアンプシステムの広帯域な中音域ユニットとしての利用でも、パワーを入れることが出来るようになり、万能的に活用できるユニットとなりましたので、お客様に広くお勧めしたいと考えています。